Jazz

thumbnail
Visage / Joe Douglas

いわゆる一発屋というか、一つだけ作品を発表して忽然と消えた人というのはジャズに限らずどんな世界にもいるけれど、このイギリスのピアニスト、ジョ...

thumbnail
The Heardth / Cecil Taylor with Tristan Honsinger & Evan Parker

先日ペーター・ブロッツマンについてブログに書いたら翌日ブロッツマンが亡くなってしまうということがあったが、今日たまたまトリスタン・ホンジンガ...

thumbnail
Alabama Feeling / Arthur Doyle

体調はほぼ良くなったのだが、相変わらずフリージャズばかり聞いている。体が求めるというか、なんかそういう時期があるんですかねえ。老化かもしれん...

thumbnail
All Kinds of Weather / Red Garland

レッド・ガーランドは1923年の生まれなので、今年生誕100周年なのですね。 有名なGroovyやA Garland of Redも良いが、個人的にはこれが好きで...

thumbnail
For Adolphe Sax / Peter Brotzmann

虫が知らせたというわけではなかったのだが、昨日Machine Gunを取り上げたペーター・ブロッツマン(もしかしてブレッツマンが正しいのかな?...

thumbnail
Machine Gun / Peter Brotzmann

1968年録音、ヨーロッパ・フリー初期の重要作と目されるもの。サックス3人、ベースが2人、ドラムスが2人、ピアノ1人という、確かに8人だから...

thumbnail
The Topography of the Lungs

一切の音楽スタイルを拒否することで、逆に唯一無二の個性を獲得したのがデレク・ベイリーだ。他人について「デレク・ベイリーのような」という形容は...

thumbnail
Evan Parker At The Finger Palace

病中はこれも良く聞いた。なぜかWikipediaのエントリには記載がないのだが(別名称があるのかしら?)、イギリスの鬼才エヴァン・パーカーが...

thumbnail
Gayle Force / Buell Neidlinger

体調が悪いときだけ聞きたくなる音楽というのがあって、個人的にはそれはフリージャズ、フリーインプロだ。こちらが弱っていると、何かこう、やみくも...

thumbnail
A Time For Love / Oscar Peterson

これも2021年の発掘盤。1987年、ヘルシンキでのライヴ音源。 何ごとも多作は基本的には良いことだと思うが、良くないこともあって、いくら一つ...